英語を日本語に切り替えず、そのまま理解する
英会話スクールについて

英会話スクールのオススメ活用方法

英会話スクールは「学んだものを披露する」場

前回、英会話スクールでの自分の失敗談を紹介しました。そして、日本のほとんどの人が英会話スクールでも失敗しているという現状を、業界の裏側から伝えました。

今回ですが、大人が通う、英会話スクールの理想通学スタイルを考えてみます。

さて、これは昔、私がいた英会話教室の学院長がよく言っていた言葉です。

「日本人はネイティブと同じ空間にいれば、英語が『幽霊』みたいに乗り移ってくると思っているんだよ」

これは特に「英会話初心者の方」ほど、そう考えてしまいます。聞いていれば、言葉が自動吸収され、いつか魔法のように言葉が自分の口から飛び出すと考える。

そして、今まで英語を一人で学んできた人も、そう考えてしまいます。なぜなら、今までずっとネイティブなしで英語を学んできたのですから。

だから、話者になる最後のピースは、「ネイティブと一緒にいる空間」だと思ってしまう。それさえあれば、と考える。

いえ、残念ながら、それが違っていたところに、落とし穴があります。聞き流しで話せるようになる、と考えてしまうのも、同じ原理です。

「もしなる」にも書きましたが、英語は「感染しません」

私が思うに、英会話スクールとは野球の試合に似ています。つまり、今まで学んできた英語をネイティブ相手に試す、披露する場です。

そう、本来ですが、「学ぶ場」ではないのです。もう散々、6年以上は学んできたのですから。

しかし、学んできたものが一向に出ない。中学校レベルの文法さえ使えない。

なぜでしょうか。そして、なぜネイティブはペラペラと使えるのでしょうか。

答えは単純です。

彼らは「英語の天才」なのです。「英作文の天才」ではないのです。

私たちが学んできた英語が口にできないのは、「口に出す学び方」ではなかったからです。

そしてネイティブがどうして「英語を話せるようになる」適切なアドバイスができないのかというと、「日本人の頭の中」を知らないからです。

そして、ネイティブ自身、どうやって自分たちが英語を話せるようになったのかも、自覚していません。それは私たちが、外国人に日本語を教えられないのと一緒です。

英語の話者だからといって、うまく指導できるわけではない。

英会話スクールなど、ネイティブを前にして、孤独に感じてしまうのは、これが理由です。英語を「口にできない理由や、聞けない理由」が分かってくれないのです。そう、アドバイスしようもないのです。

こうして、日本人の英語は「手がつけられない状態」になっています。もう英語で考えられない、日本語からしか組み立てられない頭になっている。

しかし、ネイティブは英作文を教えられない。ただ、話すだけ。ここに「平行線」がある。

それをずっと、私は英会話の現場で、「歯痒い気持ち」で見てきました。沢山の方が、ドロップアウトしていきました。

どうすれば英会話スクールがうまく活用できるか

とにかく話者になるには、「英語の学び方」をひとまず、変えましょう。今までのやり方を延長しても、英会話スクールではうまくいきません。

英会話は「貰い」に行っては、結局、一方的に話されて終わりです。リスニングで終わってしまう。それならば、英語のCDを聞いたのと何も変わりません。生のリスニングに数千円かけるのは、お金の無駄です。

そして本来、新しく表現を教えてもらう必要もないのです。

それは書店に千円くらいでまとめて綺麗に売っています。ネットにも、無料で転がっています。高額なレッスン代と引き換えに貰うものではない。

本来、それが覚えられないところに、この問題の「根深さ」があります。

そして、しなくてはいけないのは、「覚えたものを聞いてもらう、そして直してもらうこと」です。発音や、より自然な表現などに、です。

彼らができるのは指導ではなく、それなのです。そして、覚えてくるように、指示やマネジメントすることが、本来、スタッフの役割です。

そして、試合で結果を出すなら、「日々の練習」に全てが詰まっています。

baseball boy practice

結局、「結果が出るような、日々の練習ができているかどうか」です。口に出す練習を習慣化させておかないと、覚えたものは口から出ません。それも、咄嗟になんて不可能です。

素振りを10000回やれば、体が勝手に球に反応するでしょう。原理は、それと同じです。

さて、それではあなたが英語で言いたいことは何でしょうか。

それはきっと、「自分の話」です。自分が見て、聞いて、日々体験したことを相手に伝えるのが「言葉」だからです。

たとえば、息子を愛していることを、人に伝えようと思ったら。

しっかり状況を思い浮かべて、「I love my kid.」と、何度も声に出す。

今まで学校でやってきたのは、「I love my kid.」という文章を、黙々と日本語に置き直す勉強でした。

話者になる練習は、状況を思い浮かべて、それを何度も口に出す練習です。

これを毎日、習慣付けする。

そうすれば、これを伝えようと思った時にスクールでも、それを英語で伝えられるでしょう。レッスンの度に、成長も感じるでしょう。

もしも英会話スクールに通われていて、成長を感じないなら、それは「日々の練習に問題がある」。

私はスクールにいましたが、ネイティブ講師はいい人ばかりです。なぜなら基本的に、「人柄」で採っているからです。指導力はいりません。残念ながら、それが必要な日本人はほとんどいません。

彼らとうまくコミュニケーションを取りたい。

直に会って、そう思えるのが、スクールのいい点です。この気持ちを活かさないと。

決して「消化試合」にならないように、日々、口を動かして下さい。

「もしなる」の一場面から

最後に、私が書いた『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』の一場面を紹介します。

正直なところ、私が一番好きなシーンはここです。英語が話せない主人公の桜木真穂が、『吉原龍子 英会話教室』に赴いた、最初の場面です。

「あの・・・先ほど、『無理だ』っておっしゃいませんでしたか?『もしも私がここに入ったら、英語が話せるようになれますか』って質問に」

学院長さんは、「あー、そのことか」と思い出したようで、

「有紀が言いづらそうにしていたから、私が答えてやったまでだ」

私は「え?」となった。有紀くんの方を見ると、バツの悪そうな顔をしていた。

「有紀、ああいう時はバッサリ斬ってやった方がいい。そういうのは、優しさでも何でもないぞ。お前の悪い癖だ」

その後、学院長さんが「もしも武士が切腹時の介錯がなかったら・・・」と全く違う話を始めたので、私は二人の間に割って入り、もう一度同じ質問をした。

すると学院長さんは「無理に決まっておろうが」と、私を一刀両断した。何なんだろう、その自信は。それに英会話教室のトップがそんなことを言っていいのだろうか。「ここに入ればペラペラになる。だから入会しなさい」と言うのが、普通ではないだろうか。

「英語を話すのはどっちだ? お前か私か?」

何なの? その質問の意図は。そして、お客さん相手に「お前」呼ばわりとは。

「私・・・ですけど」

「よろしい。では、もう一度だ。お前は先程、こう尋ねただろう。『私、ここに入ったら、英語が話せるようになれますか?』と」

「はい 言いましたけど? それが何か?」

「『オレ、ここの野球部に入ったら、甲子園に出られますか?』と聞いてくる、新入部員がいたとしよう」

私の声が「はい?」と裏返った。

「仮に、の話だ。お前は高校の野球部の監督だ。そして、運動神経もない、ど素人の新入部員が、練習初日にそんな質問をしてきたとしよう。その時、お前は言うのか?『絶対に甲子園に行ける』と。『大丈夫、私がお前を甲子園に連れていく。だから安心しろ』と」

「え・・・いや、どう、かな。考えたこともない、です」

ヤバい。私、今、かなり動揺している。

「フン。いいか?もしも私が監督だったらな、絶対にこう返す。『テメーじゃ、無理だ、ボケ!』とな」

「・・・!」

「『そんな甘っちょろい考えなら無理だ。家帰って、飯食って、でっけークソして寝てろ』。私なら、絶対に、絶対に、絶対にそう言う。『甲子園に行けるかどうかはてめー次第だ。ただ、てめーが誰よりも沢山練習をして、誰よりも上手くなれば、もしかしたら行けるかもしれない』。この答えこそが真実だし、何よりもそいつの為になる。確固たる根拠もなく、無駄に期待を抱かせるのは極めて不誠実だ。違うか?」

一つも言葉が返せない。確かにその通りだ。

「では、もう一度聞こう。誰が英語を話すんだ?」

「・・・ 私、です」

「では、誰が練習をして、誰が話せるようになる?」

「・・・それも、私です」

「分かったな。話せるかどうかは全部テメーが練習するか、しないかなんだ。『ここに入ったら、私、英語が話せるようになれますか?』だと? 知るか、ボケ!やるのはテメーだ、うちらじゃない。一昨日来やがれ!」
(文庫本P46〜)

気になった方は、是非読んでみてください。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!