英語を日本語に切り替えず、そのまま理解する
金沢優、3年ぶりの新作「もしなる2」連載中!

「もしなる2」第2部8章.光と風の少年

8、光と風の少年

「じゃ、じゃあ有紀はどうしろ、と言うんだ。学校で英語の授業をしなければ、話せるようになると言うのか?」

「いや、違います。学校の教科から英語を取り外すのは、世界の流れにも逆行していますし、入試制度的にも難しいでしょう。そして、そうなると、事態はもっと悪くなりますよ。なぜなら教科から外すと、日本人は英語の勉強をしなくなるからです。今、僕たちがある程度、英語を理解できるのは、義務教育に英語が組み込まれているからですよ」

「でもお前はさっきから、学校英語の批判ばかりじゃないか?」

「そうです。でも僕は別に、英語教育を『するな』とは一言も言っていませんよ。ただ、そのコンセプトが昔からずっと動いていないから、『変えるべきだ』と言っているんです。あまりにも、国家レベルで『時代のニーズにそぐわない完成品』が出来上がっている」

「どんなコンセプトだ?」

「英語を理解しようとしています」

「? ・・・いいじゃないか、理解しても」

「いや、違うんです。『理解がゴール』になっているんです

「何?」

「言うでしょう? 日本人はみんな。英語を勉強したら、『分かりやすいです』って」

「それの何が悪いんだ? 分かりやすいのは、いいことじゃないか?」

「じゃあ、日本語は分かったから、話せるようになったんですか?」

「何?」

「この日本語、分かりやすいな、となったから話せるようになったんじゃないでしょう? 日本語が話せるようになったのは、今までずっと日常の中で口を動かして、『言ってきた』からですよね?」

ここから先は、有料になります。「note」からお読み下さい。サポート感覚で、ご購入頂けると幸いです。

(次回「9、死の魔法」に続く)

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!