イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る

カウンセリング

「話せなくさせている」日本の英語教育

こちらのカウンセリングは、「もしなる」読者さん専用です。

さて、実際に読まれてみて、主人公「桜木真穂」と自分が重なった方も多いと思います。そう、あれが「国内の英語教育」を受けた、多くの日本人が辿る道筋です。

小中高の英語は、「受験のため」のもの。その後は、「ネイティブと話す環境」さえ用意すれば、すぐにペラペラになれる。

日本人はみんなそう考えますが、話はそんなに簡単ではありません。多くの日本人は、今でも毎日オンラインレッスンを取っても、英会話に挫折し続けています。

というのも、ネイティブは誰一人として、「英語の文字を日本語に訳す勉強」など、1ミリたりともしていなかったのですから。私たちと「辿ってきた道筋」があまりにも違いすぎる。

ー「どうすれば英語が話せるようになるんだろう」

こんなバカげた、可哀想な質問はありません。それが証拠に「日本語が話せなくて困っている日本人」を見たことがないでしょう。声を出し続けていけば、言葉は誰でも話せるようになるのに、誰かがどこかでねじ曲げている

何が起こっているのか、私はこの厄介な現象に「全て」気付いています。

カウンセリングについて

この現象について、詳しいことは「もしなる2」をお読み下さい。前作以上に、「腑に落ちる」と思います。

ただ、まだまだ完成までに時間が掛かります。加えて、「口頭でしか、伝わらないこと」もあります。

そのため、実際に私の話を聞いてみたい、という方は「カウンセリング」の場を設けています。

結局は「方法論、脱出論」です。

私たちは、小中高と「話せる」とは全く関係のないことをしてきました。そのため、やり方は180度変えないといけません。

しかし皆さん、大人になってもずっと「今までのやり方」を継続しています。それはなんと、ネイティブとレッスンを取っても、なのです。本人が気づいていない。

英語を「全部日本語に直し」て、そこで終えてしまう。

日本人の失敗者は、大体このパターンに当てはまります。
特に初心者は絶対に「フリートークはNG」です。
毎回一方的に話され、「何となく楽しかった、分かりやすかった」を無限に繰り返すでしょう。

そして、講師自身も「日本人が話せない理由」を分かっていません。その多くが、「メンタルのせい」だと勘違いしています。

私の中では、「間違えてもいいから、どんどん話そう」というアドバイスは、極めて無責任です。そう、この問題はそんな「根性論」で片付くような、単純な話ではないのです。

この問題の本質は、今までの人生の中で蓄積してきた「頭の中の日本語」が英語にならない変換してもニュアンスが伝わらない、そして簡単なことすら口にできない、しても言い間違えてしまうことです。

頭の中が「クラッシュ」している。そしてそれが口頭練習をダムのように「せき止めて」いて、「話せるようになるには、何をどうすればいいのか、わけが分からなくっている」のが、この問題の本質です。

「中学英語で話せる」というのに、皆さん、「学校で習っていないネイティブフレーズ」を丸暗記していませんか? それは何かおかしくないですか?今までの学校の英語は一体、何だったんですか?

カウンセリングでは、私が見てきた数十年に至る経験、失敗談や成功談などを、皆さんが納得するまでお伝えして、「今までの学び方の問題点」をお伝えします。色んなスクールや教材の話も聞いています。

恐らく、今までの英語学習が「話せる」と切れていたこと、このまま続けても話せるようになるわけがなかったことに、呆然とされるかもしれません。

ただ、ここを認識せず、どれだけ進めても、今後ずっと「英語と日本語の堂々巡り」になり、一向に「話す練習」に移れなくなるでしょう。

最終的には「環境」や「英語ハウツー」を追い求め続ける、英語ゾンビのようになってしまうはずです。本棚には「分かりやすい本」と「フレーズ集」がどんどん溜まることでしょう。

話せないのは、「分かりにくかったから」ではないのです。どれだけ分かりやすくても、「話せる」とは関係ないんです。ここに気づかない限り、何年も何十年も無駄にするはずです。

英語を学ぶ前に、「言葉のメカニズム」を知ろう

本来、英語を学ぶ前にしておかないといけないことがありました。それは「私たちはどうやって、言葉を紡いでいるか」ということです。

日本人は全員、こう考えます。

いつも話している日本語を、英語に変換できれば「英語が話せる」と。

この図式に、何ら問題がなさそうに思えます。

そして私も英語を学びたての頃から、ずっとそう思っていました。「言語の切り替え作業」が、話者への「唯一の道」だと。

しかし、そんなことをしているネイティブなど、一人もいませんでした。だから、向こうでは幼児でも英語を流暢に話せています。

さて、これを「環境のせい」で片付けていいのでしょうか。もう、インターネットで何でも手に入る時代なのに。

本来ですが、「言葉の本質」とは「文字」ではなく、「音」です。日本には「英語が聞けない、話せない」と苦しんでいる人で溢れていますが、全員「同じ症状」です。

カウンセリングでは、従来の図式をひっくり返し、本来の「言葉のメカニズム」をお見せします。

恐らくその図式を描くと、今まで英語を学び始めてから数年〜数十年単位で抱いていた「英語への違和感」が、全て氷解するはずです。

「腑に落ちた、もっと早く聞きたかった」「だからイメージだったのか」「だから口頭練習が必要なのか」「一歩目から、全部間違えていた」と皆さん、言います。

特に学生時代は英語が得意だったのに、大人になってから、話せるようにならなかった方ほど、そうおっしゃいます。

以下が、カウンセリングでお話する、具体的な内容です。

  1. なぜ日本人はいつまで経っても、英語を話せるようにならないのか。
  2. 言葉とはどうやって紡がれるのか。
  3. どうすれば日本語が抜けるのか。「英語脳」の実践方法。
  4. 今後の勉強方法について。

「鍵」になるのは、❷と❸です。

そしてカウンセリングでは、「頭の中の日本語回線を完全に停止させ、英語回線に切り替えるやり方」をお伝えします。

恐らくこれは、お子さんに英語を教えるに当たって、かなり有効になり、楽しくもなるでしょう。英語を「お勉強」から外し、「スポーツ」に切り替えられるからです。

そして結局英語は、ピアノや野球のように、「年季」がモノを言います。そのため、やるのであれば、早めに始めた方がいいと思います(「臨界期」のこともありますし、母国語が完成してからだと、このやり方は少し難しくなります)

英語が心から好きな方、お子さんが将来「英語難民」になって欲しくない方、そして「もしなる」に共感された方は、どうかご連絡をください。

カウンセリング対象の方

  • 「英作文」や「フレーズ集」に、何度も挫折された方。
  • フラッシュカードの「本当の使い方」を知りたい方。
  • 学校英語が苦手で、今からもう一度「話せる」に向けて、「正しく」英語を学び始めたい方。何度も「やり直し教材」を買われている方。
  • 英会話スクールやオンラインレッスンで失敗された方。
  • 海外ドラマ、シャドーイングなどに挫折された方。
  • スコアは取れても、簡単なことが言えず、それがどうしてなのか、その理由が分からない方。
  • 「イメージ」と「話せる」の関係性が、ご不明な方。
  • 「英語脳」や「日本語を抜くこと」に興味がある方。
  • 基本動詞、前置詞などを口にしたいのに、なかなかできない方。
  • 後ろから振り返って、和訳をしている「昔からの学び方」に違和感があった方。
  • 三単現のSがズレる、所有格や冠詞、単数複数形をいつも言い間違える方。頭では分かっているのに、筆記では間違えないのに、英会話だとなぜかミスを乱発する方。
  • 子供にだけは、今の大人のようになって欲しくない方。
  • 塾や学校などで子供に英語を教えていて、違和感がある方。
  • なぜ今の英語教育が失敗し続けているのか、納得できる「明確な答え」が欲しい方。
  • やる気と時間はあるのに、「やり方」が分からない方。もう、英語で一体、何をしたいのかわけが分からなくなっている方。
  • なぜ「声を出さないといけない」のか、しっくりこない方。

カウンセリング詳細(全て「Zoom」で行います)

❶1回コース(3万円)/(税込3万3千円)

  • 一度にまとめて、お話を致します。時間は6時間程度になります。平日・土日の10:00〜18:00まででお時間を下さい(夜でも対応は可能です)
  • ご希望日をメールにて、お知らせください。
  • 「note」記事をプレゼントしています。

❷2回コース(4万円)/(税込4万4千円)※こちらがオススメです。
▶︎現在、コロナ禍のため、3万円(税込3万3千円)で承っています(終了未定なので、お早めにどうぞ)

  • 2回に分けて、お話を致します。1回コースよりも、じっくりと話ができますし、十分に内容をお伝えできます。特に英語初心者の方は、こちらをオススメします。
  • 平日・土日の10:00〜18:00まででお時間を、2回分下さい(夜でも対応は可能です)
  • 上記の記事と合わせ、5万円で販売している「note」記事も、無料で差し上げています。
  • また、3万円相当の教材もプレゼント致します

❸2回コース+毎月カウンセリング(5万円+各1万円)/ (税込5万5千円+各1万1千円)※随時更新制

  • 上記の2回コースに合わせて、毎月1度進捗状況を話し合いましょう。

お支払いは完全前払い制です。銀行振り込み(三井住友、東京三菱UFJ)、もしくはPaypalにてお願いしております。

ご不明な点は、メールにてお問い合わせ下さい。お申し込み後、こちらからZoomのリンクをお送り致します。

カウンセリングを受けられた方の声

最後に、カウンセリングを受けられた方からの声を一部、ご紹介させて頂きます。