英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する

カウンセリング

「もしなる」をお読みになられて

さて、「もしなる」をお読みになられて、いかがだったでしょうか。

なぜ今まで英語が話せなかったのか、どうしたら話せるようになっていくか、うっすらと道筋が見えたでしょうか。

ただ、実際にどう勉強していけばいいのか、どんな教材を使えばいいのか、どれくらい時間が掛かるのか、イメージできないかもしれません。

これに関しては、本当に人によりけりです。

というのも、その人の英語のレベル、ゴール、環境、それぞれが全員違うからです。

私は小さな英会話教室から大手のスクールまで、講師やスタッフとして、沢山の人を見て参りましたが、誰一人として同じだとは思いませんでした。

色んなやり方があります。この時代、情報に溢れています。100人話者がいれば、100通りのやり方があります。

そして、ここで私が断言できるのは、「そのやり方に納得して続けられている、上達を実感できている」がなければ、継続は難しいということです。

つまり、「やり方」が本人とマッチングしなくては、国内では絶対に「話せる」ようにはなりません。

どんなやり方でも、「継続して数年続けること」に、語学の成果があります。それが証拠に、「数ヶ月でペラペラになった」という人を、広告以外で見たことがないはずです。

やはり話者になった方はみんな、ある程度の時間をかけています。そしてそれは確実に、「年単位」のものです。

つまり、「年単位のビジョンが、今の勉強方法に持てるかどうか」が、ほぼ全てだと思います。

カウンセリングについて

そのため、困られている方には、個別にご相談に乗っています(元々私は英会話スクールでカウンセリングを専門としていました)

結局ですが、私たちが苦しんでいるのは、今まで長年学んできた英語が、「話せる」と外れていたところに、全ての原因があります。

日本人全体が、(小)中高と、「英語を話す」とは全然別のことをしてきて、卒業してからもずっとそれを継続しています。だから、「話せる」に向けてではなく、いつの間にか「お勉強」になっています。口なんて、一向に動かしません。

それはたとえ、ネイティブのレッスンを取っても、同じです。ずっと聞いているだけになっています。ネイティブ講師も日本人が話せない理由を分かっていない。「全部メンタル」のせい」だと勘違いしている。

こうして、勉強時間が「話せるスキル」に一向に反映されない。その解決方法も、バラバラで人によって意見が違う。正解がない。そう、これが「英会話の辛さ」です。

私は一人の英語学習者として、そして英会話講師として沢山の生徒と接してきて、日本人の英語に何が起きてしまっているのか、全て気付いています

そして私自身、色々と試してきました。失敗してきました。もちろん、人の失敗も見てきました。何年も勉強してきたのに、全く話せなく、目の前で泣いた方もいました。

カウンセリングでは、私が見てきた、その数十年に至る経験、失敗談や成功談などを、皆さんが納得するまでお伝えして、今までの学び方の問題点をお伝えします。

皆さん、大人になってから、本当に英語で苦しんでいます。

本来、「話す」は覚えて口にするだけの単純作業なのに、全員「言語の変換」に苦しんでいる。本来、そんなことをしなくてもいいのに、もう「そうなって」しまっている。

カウンセリングでは、私たち日本人に何が起きてしまっているのかをお伝えし、「たとえ日本語訳ができても、それは『話せる』ではない。ただ、頭の中で日本語に振り分けただけである。ネイティブの学び方と全く違うことをしている」ということを、ご説明致します。

恐らく、今までの英語学習が「話せる」に繋がっていなかったこと、このまま続けても話せるようになるわけがなかったこと、聞けなくて当然だったこと、今までスクールに通っても何一つやっていなかったことに、呆然とされるかもしれません。

しかし、ここを認識せず、どれだけ進めても、今後ずっと「英語と日本語の堂々巡り」になり、一向に「話す練習」に移れなくなるでしょう。いつの間にか、一言フレーズ集に辿り着いているはずです。そう、言葉を「単語帳」のように丸暗記するしかなくなるはずです。

「言葉のメカニズム」を知ろう

本来、英語を学ぶ前に、しておかないといけないことがありました。それは「私たちはどうやって、言葉を紡いでいるか」ということです。

日本人は皆さん、こう考えます。

いつも話している日本語を、英語に変換できれば「英語が話せる」と。

この図式に、何の問題もなさそうに思えます。

そして私も英語を学びたての頃から、ずっとそう思っていました。「言語の切り替え作業」が、話者への「唯一の道」だと。英語を日本語に切り替えて習ってきたのですから、当然の発想。

しかし、そんなことをしているネイティブなど、一人もいませんでした。だから、向こうでは幼児でも英語を流暢に話せます。

さて、これを「環境のせい」と片付けていいのでしょうか。もう、インターネットで何でも手に入る時代なのに。

ここを整理せず、「話せるようにならなかった」学び方を継続し続けて、本当にいいのでしょうか。「明治〜平成」と、同じ教材を使い続けてもいいのでしょうか。それで将来、いつか彼らのようになれるのでしょうか。

そして、本来ですが、「言葉の本質」とは「音」でした。そのため【ˈæpl】(apple)を【ringo】(リンゴ)に変換して覚えた時点で、言葉として挽回するのはかなり厳しくなります。「全く違う音」を植え込んでしまったがゆえに、物理的に聞けなくなります。日本国内には「英語が聞けない、話せない」と苦しんでいる大人で溢れていますが、これらは全員「同じ症状」です。

そして実は、上の「日本人の思考」には、「もう一本違う道」がありました。

カウンセリングでは、従来のこの図式をひっくり返し、「言葉のメカニズム」をお見せします。

恐らくその図式を描くと、今まで英語を学び始めてから年〜数十年単位で抱いていた「英語への違和感」が、気持ちいいくらいに氷解するはずです。

「腑に落ちた、もっと早く聞きたかった」「あっ、あれはそういうことだったのか」「全部が繋がりました」と皆さん、言います。特に学生時代は英語が得意だったのに、大人になってから、話せるようにならなかった方ほど、よくそうおっしゃいます。

ちなみに、私とお会いした方のメッセージがこちらです(本人に了承を頂いております)

そう、この方向性なのです。本来、英語環境は国内にも「あった」のです。

以下が、カウンセリングでお話する、主な内容です。

  1. なぜ日本人はいつまで経っても、英語を話せるようにならないのか。
  2. 言葉とはどうやって紡がれるのか。
  3. どうすれば日本語が抜けるのか。「英語脳」の実践方法。
  4. 今後の勉強方法について。

「鍵」になるのは、❷と❸です。

そして、「頭の中の日本語回線を完全に停止させ、英語回線に切り替えるやり方」をお伝えします。そのため、カウンセリングが終わる頃には、英語脳と日本語脳が「切り分けられる」ようになっているはずです。

恐らくこれは、お子さんを教えるに当たって、かなり有効になるはずです。英語が楽しくもなるでしょう。

そして同時に、「言葉とは楽器やスポーツと変わらない」の、本当の意味が分かるはずです。つまり、ピアノや野球のように、「年季」がモノを言います。そのため、やるのであれば、早めに始めた方がいいと思います。幼ければ幼いほどいい。

英語が心から好きな方、お子さんが将来「英語難民」になって欲しくない方、そして「もしなる」に共感された方は、お気軽にご連絡をください。

こちらも、違う方のメールです(ご了承済みです)

将来、確実に英語を「話せる」に繋げていきましょう。

カウンセリング対象の方

  • 「英作文」や「フレーズ集」に、何度も挫折された方。
  • 学校英語が苦手で、今からもう一度「話せる」に向けて、「正しく」英語を学び始めたい方。
  • 英会話スクール、オンラインレッスンなどで失敗された方。
  • 海外ドラマ、シャドーイングなどに挫折された方。
  • スコアは取れても、簡単なことが言えず、それがどうしてなのか、その理由が分からない方。
  • 「イメージ」と「話せる」の関係性が、ご不明な方。
  • 「英語脳」や「日本語を抜くこと」に興味がある方。
  • 「もしなる」に共感された方。主人公の気持ちと被る方。
  • 基本動詞、前置詞などを口にしたいのに、なかなかできない方。
  • 後ろから振り返って、和訳をしている「昔からの学び方」に違和感があった方。
  • 子供にだけは、今の大人のようになって欲しくない方。
  • 塾や学校などで子供に英語を教えていて、違和感がある方。
  • なぜ今の英語教育が失敗し続けているのか、納得できる「明確な答え」が欲しい方。
  • なぜTOEICが日本人と韓国人しか受けていないのか、知りたい方。
  • やる気と時間はあるのに、「やり方」が分からない方。もう、英語で一体、何をしたいのか分からなくなっている方。
  • 学校で習った文法や、今までしてきた勉強が「話せる」とどう繋がっているのか分からない方。
  • なぜ「声を出さないといけない」のか、しっくりこない方。
  • 今、スクールや通信教材を利用されていて、しっくり来ていない方。

思い当たる節がある方は、よければ早めに「解決」をしませんか?

カウンセリング詳細(全て「Zoom」で行います)

❶1回コース(3万円)/(税込3万3千円)

  • 一度にまとめて、お話を致します。時間は6時間程度になります。平日・土日の12:00〜18:00まででお時間を下さい。
  • ご希望日をメールにて、お知らせください。
  • 「note」記事をプレゼントしています。

❷2回コース(4万円)/(税込4万4千円)

  • 二回に分けて、お話を致します。1回コースよりも、じっくりと話ができますし、十分に内容をお伝えできます。特に英語初心者の方は、こちらをオススメします。
  • 平日・土日の12:00〜18:00まででお時間を、2回分下さい。
  • 上記の記事と合わせ、5万円で販売している「note」記事も、今なら無料で差し上げています。

❸2回コース+毎月カウンセリング(5万円+各1万円)/ (税込5万5千円+各1万1千円)※随時更新制

  • 上記の2回コースに合わせて、毎月1度進捗状況を話し合いましょう。
  • また、2万円相当の教材もプレゼント致します。そして、それの使い方や不明な文法なども全て解説します。

問い合わせはこちらから

お支払いは完全前払い制です。銀行振り込み、もしくはPaypalにてお願いしております。ご不明な点は、メールにてお問い合わせ下さい。

カウンセリングを受けられた方の声

こちら、カウンセリングを受けられた方からの声を一部、ご紹介させて頂きます。参考にされてみて下さい。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!