イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る

このサイトの使い方

読者さんへ

さて、「もしなる」が出版されてから、数年が経ちました。発売されてすぐに読まれた方もいらっしゃれば、最近読まれた方も多いと思います。

それからの勉強はいかがでしょうか。話者に近づけているでしょうか。「口頭練習」に移れているでしょうか。

本来私は、「もしなる」のプロモーションのためにSNS活動を始めました。そして当時、自分ができるとすれば、「英語の学び方を変える『キッカケ』を与えるくらい」だと思っていました。

しかし、この活動が長引き、読者さんが増えるに従い、「私の力で、どうすれば皆さんが、英語を段々と話せるようになっていくか」も考えるようになっていきました。

「学び方」だけではなく、子供から大人まで、「誰もが英語感覚を身につけ、段々と話せるようになっていく、日本一実用的なSNSアカウント」が作れないだろうか。

毎日配信ができ、沢山の写真・動画素材を使えるのが、紙の参考書にはできない、SNSの魅力です。

本来ですが、どんな言語にしろ、イメージで学ばないといけなかったのです。

というのも、私たちがペラペラ話せるようになったのも、「日常」という「イメージ教材」があったからです。

それが証拠に、日本語の「あ・げ・る」という動詞を覚えた時、話者の手の上に、何かが載っていたでしょう。そして、それが自分の手に渡ることが「あげる」だと理解したでしょう。

だから、「あげる」という言葉に、ウキウキもするのです。「言葉」と「心」が結びつく所以です。

「イメージ教材」とは、ただの「日常の代用品」です。

こうして私はTwitterInstagramなどで数年に渡り、発信を続けてきました。プロモーションのため。そして、読者さんを「話せる」ようにさせるため。

しかし、どこかで限界を感じてしまい、諦めてしまった方も多いと思います。

そう、やはりSNSの発信のみで、英語が話せるようになるのは、不可能です。数年、必死に取り組み、復習用に別アカウントなども作って工夫しましたが、やはり無理でした。

断言します。どんなアカウントでも、それはYoutubeでも、話者にさせるのは「物理的に不可能」です。

言葉を「体系化」させよう

言葉とは本来、「体系化」されないと、なかなか「一本の芯」になりません。


She’s walking up the stairs.

例えば階段に上がる表現を、イメージと一緒に覚えます。これだけなら別に、すぐに覚えられるでしょう。

しかし、問題はその後です。

駆け上がったら、どう表現するでしょうか。
つまずいて、階段を落ちたら、どう表現するでしょうか。
骨折したら、英語でどう言うのでしょうか。
救急車を呼びたい時、どう言えばいいのでしょうか。
そもそも救急車を英語で知っているでしょうか。
痛むことをどう表現するでしょうか。
お医者さんに、どんな感謝の言葉を掛けられるのでしょうか。

そこには「英語独特」の考え方や表現、単語があります。

英作文や表現集だけでは、確実に大きな「英語の壁」にぶち当たります。

そう、話者になるためには、ネイティブがそれぞれのシーンでどう表現しているかを知り、覚えて、口にし続け、「自分の言葉」にしていかないといけません。

She fell down the stairs and broke her leg.
Please call an ambulance.
ambulance
He broke his leg in an accident.
I can’t thank you enough.It’s my pleasure.

previous arrow
next arrow

いかがでしょうか。上のシーンを見て、何が起きているか、説明できるでしょうか。名称を知っているでしょうか。そして、本人の気持ちになって、感謝の言葉が出てくるでしょうか。

今までの「英語の文字を訳すだけの勉強」「便利フレーズを暗記する勉強」では、物理的に不可能です。

そう、必要なのは、「絵素材を使った、ボリュームのある教材」「誰もができる、練習方法の確立」

これが今の日本の英語教育に、決定的に欠落しているのです。

このHPを使って

こうして色んな絵・音素材を用意し、「言葉の体系化」を目指しているのが、このサイトです。

一つずつニュアンスをおさえながら、口に出して練習し、自分の生活に英語の音を「色付け」していきましょう。

そして、なぜこの練習が必要なのかは、「もしなる2」をお読み下さい。

また、直接私とお話しをして、「私たちの頭の中に何が起きてしまっているのか」を知りたい、「フラッシュカードの正しい使い方」を知りたい、という方はカウンセリングをご検討下さい。詳しく、ご説明致します。

こうして、口頭練習(フラッシュカード )方法論(もしなる2)の2本柱で、このサイトは構成されています(また、それとは別に、オススメの教材なども紹介しています)

このサイトを通じ、一人でも多くの日本人が、英語で報われますように。

どうか、頑張っていきましょう。