日本語に切り替えず、英語のまま理解する

このサイトの使い方

読者さんへ

さて、「もしなる」が出版されてから、約3年が経ちました。発売されてすぐに読まれた方もいらっしゃれば、最近読まれた方も多いと思います。

それからの勉強はいかがでしょうか。話者に近づけているでしょうか。口頭練習を始められていますでしょうか。

本来私は、「もしなる」のプロモーションのためにSNS活動を始めました。そして当時、自分ができるとすれば、「英語の学び方を変える『キッカケ』を与えるくらい」だと思っていました。

しかし、この活動が長引き、読者さんが増えるに従い、「私の力で、どうすれば皆さんが、英語を段々と話せるようになっていくか」も考えるようになっていきました。

学び方だけではなく、子供から大人まで、「誰もが英語感覚を身につけ、段々と話せるようになっていく、日本一実用的なSNSアカウント」が作れないだろうか。

ほぼ毎日配信ができ、沢山の写真素材などを使えるのが、紙の参考書にはできない、SNSの魅力です。

本来ですが、どんな言語にしろ、イメージで学ばないといけなかったのです。というのも、私たちがペラペラ話せるようになったのも、「日常」という「イメージ教材」があったからです。

それが証拠に、日本語の「あ・げ・る」という動詞を覚えた時、話者の手の上に、何かが載っていたでしょう。そして、それが自分の手に渡ることが「あげる」だと理解したでしょう。

だから、「あげる」という言葉に、ウキウキもするのです。「言葉」と「心」が結びつく所以です。

「イメージ教材」とは、ただの「日常の代用品」です。

こうして私はTwitterInstagramなどで数年に渡り、発信を続けてきました。プロモーションのため。そして、読者さんを「話せる」ようにさせるため。

しかし、どこかで限界を感じてしまい、諦めてしまった方も多いと思います。

そう、やはりSNSの発信のみで、英語が話せるようになるのは、不可能なのです。数年、必死に取り組み、復習用に別アカウントも作りましたが、やはり無理でした。

どんなアカウントでも、話者にさせるのは「物理的に不可能」

最終的に私は、そう悟りました。

言葉を「体系化」させよう

言葉とは本来、「体系化」されないと、なかなか「一本の芯」になりません。


She’s walking up the stairs.

例えば階段に上がる表現を、イメージと一緒に覚えます。これは別に、すぐに覚えられるでしょう。

しかし、問題はそのあとなのです。

駆け上がったら、どう表現するでしょうか。
つまずいて、階段を落ちたら、どう表現するでしょうか。
骨折したら、英語でどう言うのでしょうか。
救急車を呼びたい時、どう言えばいいのでしょうか。
そもそも救急車を英語で知っているでしょうか。
痛むことをどう表現するでしょうか。
程度が酷ければ、どんな副詞が使えるのでしょうか。
松葉杖で歩くことは、どう表現できるでしょうか。
そこにどんな前置詞が必要なのでしょうか。
そもそも松葉杖を英語で知っているでしょうか。
お医者さんに、どんな感謝の言葉を掛けられるのでしょうか。
支えてくれた家族に、何と言えば、自分の気持ちが伝わるのでしょうか。

そこには「英語独特」の考え方や表現、単語があります。そしてそれは、日本語と全然違います。

英作文や表現集だけでは、大きな「英語の壁」にぶち当たります。

話者になるためには、ネイティブがそれぞれのシーンでどう表現しているかを知り、覚えて、口にし続け、自分の言葉にしていかないといけません。

いかがでしょうか。上のシーンを見て、「英語がスッと口から出てくる」でしょうか。何が起きているか、説明できるでしょうか。

今までの「文字を訳すだけの勉強」では、物理的に無理だと思います。

そう、必要なのは、「絵素材を使った、ボリュームのある教材」「誰もができる、練習方法の確立」

これが今の日本の英語教育に、決定的に欠落しているのです。

このHPを使って

こうして色んな絵素材を用意し、「言葉の体系化」を目指しているのが、このHPです。

ひとまずこちらには現時点で、数千枚のシーンを英語と一緒に用意しています。

一つずつニュアンスをおさえながら、口に出して練習し、自分の生活に英語の音を「色付け」していって下さい。ここは学ぶ場ではなく、「練習の場」です。

そして、なぜこの練習が必要なのかの「方法論」は、このHP上に公開中の「もしなる2」をお読み下さい。

執筆にはまだまだ年月がかかると思いますが、頭の中に何が起きてしまっているのかを知りたい、フラッシュカードや英語教材などの詳しい使い方を知りたい、という方はカウンセリングもご用意しています。英語指導者の方も多くお問い合わせを頂いています。

そしてまた、初心者の方に向けて、文法の記事も書いていくつもりです。

口頭練習(フラッシュカード )、方法論(もしなる2)、文法記事の3本柱で進めていくつもりです。また、それ以外のオススメ教材も紹介しています。

このHPを通じ、一人でも多くの日本人が英語で報われますように。

どうか、一緒に頑張っていきましょう。