日本語に切り替えず、英語のまま理解する
使い方・ステーション

英語脳フラッシュカードの使い方

こちらは私の「カウンセリング」を受けられた方のみにご案内しているものです。

「話す」には口頭練習が必要

さて、私のカウンセリングを受けられて、いかがでしたでしょうか。

今の日本人の「英語が話せない」という構図は、今まで野球をしていると思っていたのに、実は野球を見ていただけだった、というオチと変わりません。

ルール(文法)は分かる。英文の理解はできる。しかし、それ(文法)を使って、口にすることができないのが私たち大人です。

そして、私と話した後、この練習が「話す」に向けて、とても理に適っていることが腑に落ちたはずです。

私たちの英語教育の中で抜けてしまったのは、確実にこの「過程」です。

そのため、本来、必要なのは、長年付き合える「練習道具」になるはずです。

どうか、頑張って真似をして、口を動かし続けて下さい。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen

Slider

 

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!