日本語に切り替えず、英語のまま理解する
使い方・ステーション

フラッシュカードで、英語を話せるようになっていこう!

この時代、英語とどう「出会う」か

今回、「Flash Cards」というアイテムを紹介します。

見てお分かりのように、「絵と英語」が対になっているカードです。幼児英語のコーナーに行くと、置いてあります。

 

さて、皆さん、「英語とのファーストコンタクト」を思い出して下さい。どう、出会いましたか?

もしもこのようなカードから入った方は、「正しい英語の入り口」から入ったことになります。

恐らくネイティブが運営する教室や、お子さんが通う町の小さな英語教室などは、これをしているはずです。

絵を見て、音を聞き、口に出す。これが言語の「基本」です。

しかし、日本には「もう一つ別」の英語の入り方があります。

それが、日本語との「対」で入るパターンです。

大人で、「英語が聞けない、話せるようにならない」と困っている方は、ほぼ全員このパターンです。少なくとも、私はそうでした。

初めての英語の出会いは、中学1年生の英語の授業。教科書と単語帳を与えられ、そこには文字が書いてありました。

そう、一番初めに「絵」ではなく、「文字」と出会いました。


「この英語の文字は、日本語で何だろう」

こう流れます。英語を「日本語で」捉える。

そしてもちろん、この延長上に「話せる」も存在している、と思ってしまいます。

しかし、「口から英語を出す」がゴールである以上、「日本語を出し続けて」いては、いつまで経っても話者になれません。

出さないといけないのは、日本語ではなく、英語だからです。

ネイティブや帰国子女たちは、英語とどう出会うか

本当に「leaf」は「葉っぱ」で覚えてもいいのでしょうか?

よければ、英語圏在住のネイティブに聞いてみて下さい。

恐らく、ほぼ100%の人が変な顔をして、Happa? What’s that?」と返すはずです。

それは当然です。なぜなら、彼らは「日本語など知らない」のですから。

別に意地悪で言っているわけではなく、本当に頭の中にないのです。「happa」という、音の記憶が。

そして、もしもそのネイティブが親切な方なら、きっとこうやって教えるはずです。

This is a leaf.

これが「ネイティブ流」の英語の学び方です。

そう、ネイティブにとっては、「leaf」とは「happa」ではなく、「leaf」とは「leaf」なのです。

これが「英語を英語で学ぶ」ということ。

今後、皆さんはどうやって英語を学んでいくか、です。

ネイティブの英語

「言葉」としての英語。生活の中で使う。英語を英語で学んでいく。

今までの日本人の英語

「教科」としての英語。テストの中で使う。英語を日本語に変えていく。

もちろん、前者はどんどん英語がうまくなりますが、後者はどんどん翻訳が上手くなります。

そして、今度は「日本語→英語」の大きな作業を残してしまいます。

国内に「筆記テストはできるけど、全然話せない人が溢れている」理由、そして「わざわざ英語を話せるためだけに、海外に移り住んでいる」理由が、見えてこないでしょうか。

「英語を使って、将来どうしたいのか」を明確に

この時代、英語を学ぶ前に、まずは「英語で将来、何をしたいか」を明らかにしましょう。それによって、使うアイテムが変わってきます。

「自分の身の回りの世界に、丁寧に一つずつ英語の音を重ねていく」「英語の文字に一語一語、丁寧に日本語訳を重ねていく」か。

前者なら、「フラッシュカード」のような練習です。どんどん声に出していきましょう。言えば言うほど、どんどん話せるようになっていきます。

ちなみにその昔、私が「英語で考える」というコンセプトの英会話教室に入った時に、カリキュラムの一番目がこの「Flash Cards」でした。

その意図は、単語帳で覚えてきた「日本語を抜く」ことです。見たら「leaf」と言う。聞いたら「leaf」の絵を出す。つまり、ネイティブの頭に持っていく練習でした。

英語圏に移り住んだ感じで、何度も「leaf」と口にし、新たに英語を「癖付け」る。今までの学び方の「軌道修正」をする。

ちなみに「Flash Cards」の「フラッシュ」は瞬間的に光ったり、現れたり、浮かんだりするような意味です。

私たちが日本語を自由に話せるのは、「思い浮かんだもの」が瞬間的に日本語で言えるからです。

例えば、お寿司が食べたければ、その状況が無意識に浮かび、「お寿司が食べたい」とスラリと言えるでしょう。

どうして言えるかというと、それは人生の中で何度も何度も繰り返し、その実物に、口を合わせて言ってきたからです。「日本語の反射神経」を鍛えてきた。

それを、英語でもやっていくのが、このフラッシュカードのアプローチです。

「Flash Cards」の使い方

とにかく、話せるようになるためには、「目にするもの、経験するもの」に、英語の音を載せていかないといけません。

こちらのHPには、「名詞」から「動詞」、そして「イディオム」まで、様々な英語表現を「写真」と「音声」と一緒に紹介しています(毎日更新中です)

まずは「自分の生活と繋がりがあるもの」から、取り組んでみて下さい。

例えば学生さんであれば「筆記用具の名前」、犬を飼われているなら「犬の動詞」などです。

それを英語で表現できるようになると、少しずつ英語が生活の中に根付いていきます。

全てのカードに「Answer Key」を用意していますので、それを覚えてから、フラッシュカードの練習に移って下さい(動詞や形容詞、前置詞などは文章単位で口にしましょう)

フラッシュカードには「無声」のものと、「有声」のものを用意しています。ゴールは無声のものが言えることですが、一旦有声バージョンで何度も繰り返し言うのも、いい練習になります。

ただし、「聞き流し」だけはやめましょう。というのも、話せるようになるには、「口頭練習」は必要不可欠だからです。言葉は伝染しません。

そして、最終的に自分の生活の中にそれを見たり、経験したら、それを英語で表現してみて下さい。

独り言でも構いません。その延長で、少しずつ話せるようになっていきます。

時間がかかりますが、これが「英語圏の子供たちが通っている道」です。長く、大変ですが、恐らく一番の近道になるはずです。

頑張ってください。

こちらのHPのフラッシュカードをお使いの方は必ず「もしなる 2」をnoteより、お買い求め下さい。特に私の方でチェックはできませんが、フラッシュカードなどの運用資金にもなります。また、私がどういった趣旨で、そしてどういった想いでカードを更新しているのか、読んで分かって欲しいのです。そうしないと効果もないと思います。どうか一人の日本人として、よろしくお願いします。

「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!