英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する
使い方・進め方

【保存版】基本動詞フラッシュカードの使い方

日本人は、なぜ基本動詞が使えないのか

今回、「基本動詞」のフラッシュカードを作っていきます。

さて、日本人はほぼ全員、「take」「make」「have」「get」「give」「run」「put」「come」「go」などの基本動詞が苦手です。

つまり、「一語の中に、沢山日本語訳があるもの」です。

そしてもちろんですが、英語圏では子供たちはこれを普通に使い回しています。だから、色んなシーンを基本動詞を使って、柔軟に表現できます。そして、そこに「前置詞の感覚」もプラスされてきます。

一方、日本人は英語を日本語と「1:1」の対訳で覚えるスタイルを取っています。つまり、こういう感じです。

この覚え方は、文章を和訳するにはいいかもしれません。出てきた文章を、何となく訳せれば、大体解けるでしょう。高得点も取れるはずです。むしろそのために、単語帳が存在しているわけですから。

しかし、問題は「スピーキング」の時です。

例えば、「take」を「〜を取る」と覚えてしまえば、もうその「音」に囚われてしまう運命になります。

英語と日本語の「1:1」の単語帳で覚えれば、「〜を取る」と考えた時だけに「take」が出る頭になってしまう。

つまり、英語圏の子供は、日常の中で様々なものを「take」し、「take」と言う経験を積んでいるのに対し、日本人は「take:〜を取る」と、「take」するものすら頭から除外し、どんどんネイティブの子供すら知らないような、難解な動詞を詰め込むのです。

こうして、基本動詞が使えないまま、社会に放り出されてしまう。

日本人が基本動詞を、一向に使えるようにならないのは、英語と日本語を「1:1」で捉えている単語帳と、それを与えた大人のせいです。英語圏でそれを使って英語を話せるようになった人はいません。そもそもながら、売っていません。

日本人の英語の「急所」

そしてそれは別に、基本動詞だけには限りません。日本人の英語の急所は、「日本語訳が沢山あるもの」です。

つまり、前置詞、冠詞、意味の多い形容詞が、全てそれに当たります。英作文をネイティブに提出しても大体直されるのは、そこに集中されます(あとは時制)

例えば私は中学時代、英和辞書を使って、「on」の意味を調べた記憶があります。もちろん、第一義は「〜の上に」でした。

別にテストまでは、いいのです。筆記テスト上、「on」を「〜の上に」に訳せば、全部点が取れるからです。報われる。

ただ、問題はネイティブに向けて、英語を使う時です。

例えば、海の近くに生まれた私は、「幼い頃の記憶」をネイティブに伝えようと思った時、鳥がどこを飛んでいたのか、これでは正確に伝えられなくなるのです。

鳥は、海の上を飛んでいます。ではこの場合、中学時代に「〜の上に」で覚えた「on」を使っていいのでしょうか。

いえ、この場合は「over」や「above」でないと、おかしくなります。

そして、そもそもですが学生時代、海だって「sea」と「ocean」で、丸暗記しました。

この場合、どちらを使えばいいのでしょうか。ネイティブはどう使い分けているのでしょうか。

そして、鳥が飛んでいるのは、「in sky」なのでしょうか。いや、そもそも「sky」は無冠詞でいいのでしょうか。

そう、ネイティブを前にして、英語を話そうと思った時に、何にも学んできていなかったことに、初めて気づくのです。

点は取れるのです。筆記テストには、正しい英語がズラリと並んでいますから。全部ジャバジャバと日本語に流せば、スコアは上がる。

要らないのです。「on」のニュアンスも、「sea」と「ocean」の区別も、何もかも、です。これは、高速に日本語に訳せれば、勝ちのゲームです。

しかし、子供の頃に経験したワンシーンを表した英語が、ボロボロになるのです。高得点は取れるのに、です。もう、この事態に泣きたくなります。

結局、全部英語をやり直さないといけなくなります。

そして、どこに「やり直し」が集中するか。それは、日本語訳が多い、「1:1」の対訳で全くカバーできなかった、「基本動詞」に集中します。

単語帳で覚えた日本人は、全員、国家レベルで「基本動詞」をやり直しになります。

「基本動詞フラッシュカード」の使い方

コンセプトは、今までのフラッシュカードと変わりません。ポンポンと流れてくる絵と一緒に、基本動詞を口にする練習です。

She’s taking her students to the bathroom.

She’s taking her sister home.

This bus takes you to the station.

She took a picture.

I take the train to work.

I took a test in the classroom.

I take a shower every morning.

良質な英英辞書の例文をヒントに、英文はネイティブと一緒に話し合ったものを載せていきます。

色んな「take」の場面を見て、沢山口にして下さい。そうすれば、基本動詞の感覚がどんどん入っていくはずです。とにかく、パターン数です。

そしてこれを積み重ねることで、ようやく英語圏の子供たちと、「同じ過程」が辿れます。彼らも「パターン数」があったから、使えるようになっています。

そして、ネイティブはもちろんですが、英語と日本語の「1:1」で書かれた単語帳で覚える、などということは1秒たりともしていません。

もちろん、彼らは英文を日本語にはできないでしょう。そして私たちは、それができます。

でもこの時代、「だからどうだ」と言うのでしょうか。

「自分の経験を口にできること」が、この時代、遥かに大事だとは思いませんか?

もちろん、英語を日本語にして「翻訳家」になりたいのであれば、別にその方法で構いません。

ただ、「英文を日本語にし続けて、将来、英語がペラペラになりたい」というのであれば、「理想とやり方」が逆行しています。

きっと後で、「英作文」と「表現集の丸暗記」に苦しむことになるでしょう。

そして、きっとどこかで「限界」が来るはずです。なぜなら、日本語では、「鳥が海の上を飛んでいる」で、全て表現できてしまうからです。

そして、イメージでやり直した時、「take」は「〜を取る」ではない、と初めて気づくはずです。そう、全然「take」は「〜を取る」ではないのです。上のイメージを見れば、全然「取って」いないでしょう。

イメージを利用しながら、少しずつ、英語の世界に、飛び込んでいきましょう。

「基本動詞フラッシュカード」も少しずつ、更新していくつもりです。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!