英語を日本語の音に切り替えず、そのまま理解する
使い方・進め方

【保存版】形容詞フラッシュカードの使い方

なぜ日本人は形容詞を使えないのか

今回、形容詞についてお伝えします。

その昔です。自分が塾講師をしていた時、形容詞とは「ーい」で終わるものだよ、と子供たちに説明していました。

「強い、弱い、広い、狭い、高い、低い、美しい、醜い、、、」

つまり、何かの状態」を表すものです。

そして、このようにして日本人は、沢山の形容詞を覚えていきます。

strong 強い
weak 弱い
wide 広い
narrow 狭い
high 高い
low 低い
beautiful 美しい
ugly 醜い

これで何も問題がなさそうに思えます。私も塾で教えていた時、ここで終わっていました。

ただ、もう一度塾講師になったとしたら、こんな覚え方はさせません。

なぜなら将来、もう一度やり直さないといけないからです。

部屋が狭いことを伝えようとした時、形容詞は何なのか

これは有名な話ですが、自分の部屋が狭いことを英語にしようとします。

この時、日本人は瞬時に「日本語から英語を紡ごう」とします。

当然です。英語を作る方法は「英作文」しか、学校で教わっていないのですから。

そうすると、必然的に“My room is narrow.”という英文が、瞬時に出来上がります。「narrow=狭い」と覚えれば、当然そうなります。ならない方がおかしい。

しかし、そう言うと、ネイティブにはどう伝わるのでしょうか。

もちろん、こうなります。


My room is narrow.

そう、長細くなる。

「narrow」の英英辞書の定義はこうです。

narrow
: long and not wide

そう、あくまで長く、幅が狭いのが「narrow」なのです。

しかし、日本語では部屋のサイズが小さいことも「狭い」で表現します。だから、間違ったニュアンスで伝わってしまいます。

つまり、この覚え方は、将来、自分の英語に「傷がついてしまう」のです。

ではこの場合、どう伝えれば良かったのか。

My room is small.

そう、サイズが小さいことを伝えたかったわけなので、「small」でいいのです。

この間違いは、私たちが「narrow=狭い」で勝手に覚え、部屋が小さいことを日本語で「狭い」と表現していることから来ています。

こうして100年以上、国家単位で「自爆」し続けているのが日本人です。

英語を日本語訳で覚えて、日本語の感覚で英文を紡ぎ、ネイティブが聞いたこともない英語を相手に伝えているため、「通じない、笑われる英語」になっている。

そのため、何度も日本人は英語をやり直しています。「間違えてもいいんだよ」と優しく声をかける人も出てくる。そこに光を見出す人も沢山いる。でも、そこで開き直ったら進歩もないのです。結局は、自分のためになりません。

こうして、一から学び直そうとするも、また、英語を日本語で捉えようとしている。そう、英語は日本語訳でしか、捉えられなくなっている。

ここで堂々巡りに陥り、迷宮から抜けられくなった方を、スクールで沢山見てきました。

形容詞はどうやって覚えるか

では、どうやって形容詞を覚えれば、この迷宮から抜け出せるのでしょうか。

それは、とても簡単なお話です。

形容詞は、日本語訳ではなく、形容するものと一緒に覚える。

別に特別なやり方ではありません。そもそもですが、皆さんが日本語を覚える時は、そうだったはずです。

例えば「強い」を覚えた時、そこに「強い」ものがあったでしょう。形容詞単独で覚えなかったはずです。

何かの状態」を表すのが形容詞です。本体は「何か」にこそある。

以下、日本語の「強い」です。一応、ご覧下さい。


彼に対する想いが強い、束縛が強い


火力が強い


お酒に強い


寒さに強い


眠気に強い


責任感が強い


パンチが強い


水圧が強い


日差しが強い


メンタルが強い


テストの本番に強い


口調が強い


水に強い


経済に強い

上の例文は私が作りましたが、全て正しい「強い」の使い方です。

というのも私は日本人として、日本語で何十年も生きてきました。周りが「強い」を使っているのを聞き、読み、そして自分でも正しく使ってきました。

こうした、揺るぎない「国語力」があるから、私は正しく日本語を使うことができます。

そして、繰り返しになりますが、これらの状況を英語で伝えようと思った時に、全部「strong」を変換して済まそうと考えるのが、全日本人です。

ここで日本人はほぼ全員、ボロボロになっています。おかしな英語になったり、文が作れなかったり、もう目も当てられない惨状です。

ただ、それは当然です。

なぜなら、学校で「strong=強い」で丸暗記し、そこで教育が止められ、英語を全て日本語から紡ごうとするやり方しか習わなかったからです。もう、英文を作る術が「表現集の丸暗記」以外、ない。

ちなみに、上の全ての例を「strong」で済ませてもいいと思いますか?

そして、もしもそう思われた方は、ネイティブがそうやって「strong」を使っているのを聞きましたか? 読みましたか? そして、自分でも使ってきましたか? ネイティブにニュアンスを直されてきましたか?

逆に彼らなりの、日本語の「強い」にはない「strong」の使い方があるのはないでしょうか?

きっと「strong=強い」だけで済ませてきた日本人であれば、これらの過程を全く踏んできていないはずです。

そう、日本人が覚えているのは「strong」ではないのです。「strong」の日本語訳なのです。

ここを一緒にしてしまうと、「英語と日本語の迷宮」から抜けられなくなります。

そもそも「strong」を覚えるのであれば、何が「strong」だったのかを確認しないと、使い物になるわけがないでしょう。その、「何か」が大事です。

新しい時代の「形容詞の正しい覚え方」

  • 形容するものと一緒に覚える(イメージと一緒に覚える)
  • 例文を沢山読む、聞く。

形容詞フラッシュカードの使い方

どんどんと、絵を流します。

それに合わせて、ポンポンと形容詞を口にしてみて下さい。「形容するもの」と「形容詞」を繋ぎ合わせる練習です。

  1. Answer Keyで、イメージと動詞を結びつけて、口にする。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードで何度も口頭練習をする。リピーティングもする。聞いて、イメージを思い浮かべる。
  3. 「Blank」付きで、空欄部分を意識して、何度も口にする。
  4. 日常の生活で、同じシーンと被さったら、主語を重ねて、何度も日常に英語を落とす。口にする。「自分の経験」に英語を重ねる。

「話せる」に向けて、正しい言葉の習得を一歩ずつ、積み上げていきましょう。

日本人が学んできた「英語」とは何だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!