英語という「教科」から、英語という「言葉」へ
フレーズ集

【ビジネス系】英語フレーズ集フラッシュカード#1

字幕つきバージョンも用意しました。こちらを使って、何度も読み上げて覚えて、次は字幕なしにトライしてみて下さい。Answer Keyはこちらから。

【ビジネス系】フレーズ集#1(字幕あり)

I need to go.
(I have to go.)
I’m a night owl.
That’s
a good idea.
What’s
the point?
next week
Are you free
next week?
I’m a
morning person.
You deserve
a rest.
Keep your chin up!
Let’s call it
a day.
He’s in
a bad mood.
Please accept
my apologies.
Congratulations!
Don’t hesitate to
ask me anything.
Let’s take
a break.
I disagree
with you.
Are you
in line?
May I ask you
a question?
I can’t trust you
any more.
He’s easy
to talk to.
Leave it to me.
So far, so good.
The photocopier
is jammed.
I’ve heard
a lot about you.
Get out of here!

Full screenExit full screen

Slider

【ビジネス系】フレーズ集#1(字幕なし)

next week

Full screenExit full screen

Slider
  1. Answer Keyで、登場人物になったつもり、もしくは登場人物に尋ねるつもりで、10〜20回は英文を暗唱する。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードで何度も口頭練習をする。まるで、そのシーンに入り込んだつもりで、何度も声に出す(比較的絵の切り替えは遅めの設定なので、同じ絵に2〜3回分は言えるはずです)
  3. 慣れてきたら、画面を再度読み込んで、絵の順番を変える。
  4. 1日時間を決めて、何度も何度もトライする。
  5. 最後に主語を入れ替えて、自分の場合に置き換える。「I wonder if he has a girlfriend.」という文であれば、自分にとっての「he」に当たる人を思い浮かべて、何度も口にする。もちろん「I」が男性なら、「she/boyfriend」に変える。
日本人が学んできた英語は「言葉」だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
書店、もしくは幻冬舎(03-5411-6222)までお問い合わせお願いします。
電子書籍でも初版版が購入できます。