英語という「教科」から、英語という「言葉」へ
動詞

【動詞】フラッシュカード#7【仕事・勉強】

Slider

【動詞】フラッシュカード#7

ひとまず、時制を気にせず、原形を目的語まで合わせて口に出せるようにしましょう。忘れた場合は、Answer Keyに戻って、もう一度口を動かして下さい。

また、慣れてきたら、主語から始まる例文をワンセンテンスで口にしてみて下さい。上級者の方は時制を変えてみたり、副詞を足したり、理由をつけるなど、色んな情報をつけ足してましょう。

想像力と働かせてみて下さい。その延長で少しずつ話せるようになっていくはずです。

  1. Answer Keyで、イメージと動詞を結びつけて、口にする。
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードで何度も口頭練習をする。
  3. 慣れてきたら、画面を再度読み込んで、絵の順番を変える。
  4. 1日時間を決めて、何度も何度もトライする。
  5. 日常の生活で、同じシーンと被さったら、主語を重ねて、何度も日常に英語を落とす。口にする。自分の記憶に英語を重ねる。
日本人が学んできた英語は「言葉」だったのか?


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
書店、もしくは幻冬舎(03-5411-6222)までお問い合わせお願いします。
電子書籍でも初版版が購入できます。