イメージを通し、世界を「英語のまま」切り取る
冠詞

【英語】冠詞「The」の使い方(Answer Key)

こちらは、冠詞「The」のAnswer Keyです。

インプットできたら、フラッシュカードへどうぞ。

Contents

Answer Key

特定されたもの、共通のイメージがあるもの

I bought a car yesterday. This is the car.


車を昨日買いました。これがその車だよ。
▶︎一度目に出たものは、新しい情報なので「a」が付いていますが、その次の文は「それ」と特定しています。このように、前に出てきた対象について、再度述べるときは「the」を付けます。
▶︎元々、「the」は「that」と語源を同じにします(古英語の「se」)。「あれ」というニュアンスです。
▶︎ちなみに「the」は、「definite article」と呼びます。

      🔈

Could you tell me the way to the station?


▶︎この場合、初めて出てきた単語でも、二人の間で「最寄り駅」がイメージされているので、「the」を付けて表現します。

      🔈

Keep the cat off the chair.


▶︎「その猫」「その椅子」と、特定しています。

      🔈

What is the problem with your dog?


何の問題があったんですか?
▶︎その中身は分かっていませんが、今二人の間に「共通している問題」について話しているので、「the」が付いています。
▶︎もしも問題が何もない状態で尋ねる場合は、「Is there a problem with your dog?」と「a」を付けます。

      🔈

We talked on the phone for an hour.


▶︎「phone」は、全員「共通のイメージ」を持っていますので、「the phone」で表現します。

      🔈

I surf the internet in my free time.


▶︎インターネットも、「一つだけ」という共通認識が働いています。

      🔈

I’ll turn on the TV.


▶︎テレビも、同じ感覚です。

      🔈

Would you mind opening the window?


窓を開けてくれますか?
▶︎今、「その窓」を開けて欲しい、と共通したものについて語っているので、「the」をつけて表現しています。

      🔈

唯一のもの

The sky is blue today.


▶︎「sky」は「唯一のもの」ですので、「the」を付けて表現します。

      🔈

The sun is shining above the horizon.


水平線の上で、太陽が輝いています。
▶︎同じように「sun」「moon」「world」「sky」「equator(赤道)」「horizon(地平線、水平線)」なども、唯一のものなので、「the」をつけます。

      🔈

A strong wind is blowing from the east.


▶︎「east/west/north/south」などの方角も、「一つに定められたもの」なので、「the」をつけて表現します。
(「left/right」なども、同じです)

      🔈

The weather is getting better.


天候が良くなってきた。

      🔈

I got the flu last week.


先週、インフルエンザ(the flu)にかかりました。
▶︎インフルエンザのように、流行する病気などにも「the」が付きます。

      🔈

He reads the Bible every night.


▶︎「Bible(聖書)」も唯一のものなので、「the」を付けます。

      🔈

I took the last piece of pizza.


▶︎「last(最後の)」や「only(唯一の)」や「best(最高の)」と、一つに決まっているものにも、「the」をつけます。

      🔈

The snow began to melt with the arrival of spring.


▶︎「春の訪れ」も、「一つ」と決まっています。

      🔈

特定の期間

She’s eating breakfast in the morning.


▶︎一日を「morning/ afternoon/ evening」などと区切っています。こうして、「区切られた期間」も特定されているので、「the」の対象になります。

      🔈

This is the best movie of the year.


これが今年の、ベストムービーだ。
▶︎特に指定がなければ、共通して描いているのは「今年」になります。

      🔈

I went swimming every day during the summer.


この夏、毎日泳ぎに行きました。

      🔈

This fashion was popular during the 1990s.


このファッションは、1990年代、とても流行りました。
▶︎「the」は、「グループ化する性質」があります。「the 1990s」で、「1990年代」のニュアンスになります。
▶︎「the ’90s」とも、表記できます。

      🔈

特定イベントの名称

The American Civil War began in 1861 and ended in 1865.


南北戦争は1861年に始まり、1865年に終わりました。
▶︎歴史的なイベントに関しても、よく「the」をつけます。

      🔈

特定地域、特定グループの名称

The Mississippi River is the largest river in the United States.


▶︎「Tokyo」などの地域名は、一般的に固有名詞として扱われますが、「川」や「山脈」、「砂漠」、「連邦国家」、「運河」、「群島」などのように、「漠然と長く横たわるもの」は、「the」をつけて表現します。
▶︎これらには、「広範囲に広がっている」という共通点があります。多くの人に共通しているもので、「あの●●のことね」というイメージが、つきやすいようです。
(一方、「山」や「湖」などは一箇所にまとまっており、基本的に「the」がつきません)

      🔈

The Alps are very beautiful.


▶︎アルプス山脈も広範囲に、広がっています。

      🔈

Many sea creatures live in the Pacific Ocean.


▶︎「太平洋/ the Pacific Ocean」「大西洋/ the Atlantic Ocean」です。

      🔈

You can ride camels through the Sahara dessert.


▶︎「サハラ砂漠/ the Sahara Desert」「ゴビ砂漠/ the Gobi Desert」です。

      🔈

He’s the president of the United States of America.


彼はアメリカ大統領です。
▶︎「the」には、グループを束ねるニュアンスがあります。「the」を付けて、沢山の州をまとめているイメージです。

      🔈

He’s a fan of the New York Yankees.


ニューヨークヤンキースのファンです。
▶︎複数いるメンバーをグループ化する意味で、チーム名にもよく「the」が付けられます。

      🔈

人名

Jack the Ripper was a murderer in England in the 1800s.


Jack the Ripper(切り裂きジャック)は、1800年代のイギリスにいた殺人者だ。
▶︎その時代に有名だった人物を、「名前+the+特徴」と表すことで、その人を際立たせることがあります。

      🔈

Alexander the Great was very famous.


アレキサンダー大王は、とても有名でした。

      🔈

序数

Today is Friday the 13th.


▶︎序数(first, second,third…)がつくものは、存在が一つしかないので、全て「the」が付きます。

      🔈

This was the first time he wore a suit.

      🔈

特定の種類

The cobra is a poisonous snake.


▶︎ヘビの中でも「コブラはね」、と種類を特定しています。こうして、辞典やドキュメンタリーなどでは、他との種との区別のために、「the」を付けることがよくあります。

      🔈

楽器

She plays the piano every day.


▶︎「ピアノを演奏する」と聞き、思い描くのは、特定のイメージです。そのため、楽器の前は「the」を付けます。
▶︎ただ、「楽器を買った」など、「一つの物」として考える場合、「I bought a piano.」などと、「a」を使います。

      🔈

特定のグループ

The rich enjoy traveling around the world.


お金持ちは、世界中を旅行します。
▶︎「the」には、グループ化する性質があるため、「the+形容詞」で、「○○な人々」の意味になります。
▶︎この場合、「複数形扱い」です。
(「the rich (people)」と、考えます)

      🔈

They’re feeding the poor.


▶︎「the poor」で、「貧困層」になります。

      🔈

The Japanese often eat sushi.


▶︎「日本人」というグループなので、「the Japanese」で表現します。ただの「Japanese」では、「日本語」の意味になります。
Ex) The Japanese speak Japanese.(日本人は日本語を話します)
※ただ、口語ではよく「the」は抜いて表現されることことが多いです。
▶︎この場合、「Japanese people」とも表現できます。

      🔈

They’re the Coopers.


▶︎「the」はグループ化するニュアンスがあるため、「the+苗字+s」で、「〜家の人々」のニュアンスになります。

      🔈

We’re the Itos.

      🔈

一番の

He’s the man for me.


彼が、私にとって理想の人よ。
▶︎「特定」するニュアンスから、「正にその、一番の」の意味になります。

      🔈

単位

The apples are sold by the pound.


そのリンゴは、ポンド単位で売られています。
▶︎全員、同じイメージを描いているので、「単位を表す単語」の前にも、「the」を使います。

      🔈

I get paid by the hour.


時給制です。

      🔈

特定の分野

I work in the publishing industry.


出版業で働いている。
▶︎「特定の分野」も、「the」を付けて表現します。

      🔈

特定の活動

The tiger is on the prowl.


虎がうろついている。
▶︎「prowl」は、「うろつく行為」です。こうした、「特定の行動」も「the」をつけて表現するものが多々あります。

      🔈

She’s doing the backstroke.


▶︎「背泳ぎ」は、「backstroke」です。

      🔈

体の部位

I punched him in the face.


▶︎既に目的語が置かれており、「誰の部位」かは分かりきったことなので、「the」を付けて表現します。特定されている。

      🔈

My dog got the thief by the sleeve.

      🔈

フラッシュカードで口頭練習

絵を見て、英語が出てくる状態になったら、フラッシュカードへどうぞ。

  1. 絵と一緒に、発音を聞いて、何度も声に出して覚える
  2. ある程度言えるようになったら、フラッシュカードにチャレンジ。
「英語」という「教科」を、「言葉」に変える


完全版・増刷版】は文庫本のみです。
待望の重版出来!!全国発売スタートしました!!